ホーム>特定社会保険労務士ブログ

特定社会保険労務士ブログ

電通の女性社員を労災認定 入社9ヵ月、過労で自殺

悲惨な事件が再び繰り返されてしまいました。時事通信(7日付)からです。
 
大手広告代理店電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が昨年12月に自殺し、三田労働基準監督署が労災認定していたことが7日、分かった。認定は9月30日付。
遺族や代理人弁護士によると、高橋さんは昨年4月に電通に入社。同6月からダイレクトマーケティング・ビジネス局デジタル・アカウント部(当時)に配属され、インターネット広告を担当していた。
自動車火災保険やFX証券を担当し、本採用となった同10月以降、労使協定で定めた上限の70時間を大幅に超える残業が続いていた。上司からは「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」「目が充血したまま出勤するな」などと叱責されていたという。
高橋さんは同10月以降、自身のツイッターに「本気で死んでしまいたい」「朝起きたくない」などと頻繁に書き込むようになり、同12月25日に住んでいた寮から飛び降りて自殺した。
今年4月に遺族が労災を申請し、認められた。労基署の説明では、高橋さんは昨年11月上旬にはうつ病を発症しており、発症前1ヵ月の残業時間は入退館記録などから約105時間と認定されたという。
記者会見した母の幸美さん(53)は「労災認定されても娘は戻ってこない。過労死が繰り返されないよう、労務管理の改善の徹底と国の企業への指導を強く希望します」と話した。
電通の話 社員の自殺については厳粛に受け止めている。労災認定については内容を把握していないのでコメントは差し控える。
 
クリスマスの日に飛び降り自殺した彼女の絶望の深さを思うと、胸が詰まります。

過労死等防止対策白書

政府は、「平成27年度 我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況」(「過労死等防止対策白書」)を閣議決定しました。
「過労死等防止対策白書」は、平成26年に成立・施行された過労死等防止対策推進法第6条に基づき、国会に毎年報告を行う年次報告書で、作成は今回が初めてです。

社労士ing

現在、BS日テレ「深層NEWS」において、社労士のCMを放送中だそうです。
深層NEWS(毎週月~金曜日22:00~23:00)
CMの内容は、歌って踊れる士業?…結構恥ずかしいです。

これからの雇用社会と人材サービスの役割

NPO法人人材派遣・請負会社のためのサポートセンター主催、2016年雇用問題フォーラム(第4回派遣・請負問題勉強会)「これからの雇用社会と人材サービスの役割」に参加しました。
 
特別講演(時局講演) 逢見直人氏
講演1『労使関係と人材サービス』 濱口桂一郎氏
講演2『労働法制改革と人材サービスの課題』 水町勇一郎氏
講演3『企業の人材活用と人材サービス業』 佐藤博樹氏
質疑応答
 
今回のフォーラムはセンターの8年間にわたる活動の集大成だそうです。所用で前半しか話を聞けなかったのは残念です。

職場のトラブル解決サポートします

「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」に基づく3つの制度のご案内
新しいパンフレットが(リーフレットも)出ていたので、掲載しておきます。
 
20172240520.jpg

無期転換ハンドブック

厚生労働省は、無期転換制度の導入手順やポイントなどをわかりやすくまとめた『無期転換ハンドブック』を作成し、9月29日に「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト」に掲載しています。
無期転換の申込みが本格化するのは平成30年4月以降ですが、それまでに就業規則の整備など準備を進める必要があります。
2016109162535.jpg

「和食さと」運営会社を書類送検

ファミリーレストラン「和食さと」などを展開するサトレストランシステムズ(大阪市中央区)が従業員に違法な時間外労働をさせたとして、大阪労働局は29日、労働基準法違反容疑で、法人としての同社と、本社部長や店長の計5人を大阪地検に書類送検したそうです。
送検容疑は2015年1~11月、大阪府内にある「和食さと」「すし半」の計4店舗や、本社さん天事業推進部で、従業員7人に違法な時間外労働をさせた疑い。
大阪労働局によると、労使協定で決めた残業の上限は月40時間だったにもかかわらず、最長で月111時間18分残業した従業員も存在。また、残業に伴う賃金も最大で22万4,982円支払っていなかったとのこと。
同労働局は過去にも複数回、同社に指導してきたが改善されなかったといいます。
 
 

リストラ指南規制後の解雇、労働審判へ

朝日新聞からです。
 
企業の人員削減を支援する人材会社に対する規制強化に伴い、リストラの指南を受けられなくなった企業が社員を解雇する事例が出てきた。外資系音楽大手、ワーナーミュージック・ジャパンによる解雇は無効だとして、マネジャー職の男性(54)が同社を相手取り、地位確認を求める労働審判を東京地裁に近く申し立てる。
男性側によると、ワーナーは昨夏に早期退職を募集し、約30人が応募した。ワーナー元幹部によると、人材大手リクルートホールディングス(HD)の子会社が、リストラの進め方などを助言。総務担当だった男性にも幹部らが面談を繰り返し、応募を促した。男性は断り続け、今年8月に解雇された。ワーナーは男性の出向先探しも一時検討し、人材大手テンプHDの子会社がかかわっていたという。
解雇通知書には「厳しい決算が見込まれ、社内に業務が見つからず、出向先を確保する見通しも立たない」などと記されていた。男性側は内部資料などに基づき「経営が悪化しているとは言えない」と反論。男性が加入する東京管理職ユニオンの鈴木剛委員長は「退職に追い込むための支援を得られなくなり、解雇したのではないか」とみている。ワーナー広報は「訴訟が考えられる事案なので、取材への回答は控えたい」としている。
再就職支援のための国の助成金を商機とみて、人材会社が企業にリストラを指南する動きが拡大。低評価の社員を「ローパフォーマー(ローパー)」と呼び、退職を迫る手法が問題視されたため、厚生労働省は6月、人材会社による人員削減の提案や退職させるためのマニュアル提供を禁じる指針を作成した。その後、こうした人員削減の手法は目立たなくなっていたが、支援を得られなくなり、やむなく解雇に踏み切る企業が出てきたようだ。