ホーム>特定社会保険労務士ブログ

特定社会保険労務士ブログ

PaSoRi RC-S380

今年の確定申告(e-Tax)は、マイナンバーカード搭載の電子証明書の読み取りにこれを使用しました。
 
SONY 非接触型ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380
201738235757.jpg

平成28年「賃金構造基本統計調査」

厚生労働省は、平成28年「賃金構造基本統計調査」の結果を公表しています。
それによると、男女計の賃金は304,000円(前年比0.0%) 、男性は335,200 円(同0.0%) 、女性は244,600 円(同1.1%増)。女性の賃金は過去最高となっており、男女間賃金格差(男性=100)は過去最小の73.0 となっています。
また、雇用形態別では、正社員・正職員321,700 円(前年比0.2%増)、正社員・正職員以外211,800 円(同3.3%増)。雇用形態間賃金格差(正社員・正職員=100)
は65.8(前年63.9)となり、統計を取り始めた平成17年の調査以来過去最小となっています。

人手不足に対する企業の動向調査

帝国データバンクは人手不足に対する企業の見解について調査を実施し、その結果を発表しています。
それによると、正社員が「不足」している企業は43.9%で、2016年7月調査から6.0ポイント増加。正社員の人手不足は、過去10年で最高に達しているとのこと。
業種別では「放送」が73.3%でトップ。さらに、「情報サービス」「メンテナンス・警備・検査」「人材派遣・紹介」「建設」が6割以上となっています。
また、非正社員が「不足」している企業は29.5%で、前回調査から4.6ポイント増加。業種別では「飲食店」「娯楽サービス」「飲食料品小売」などで高くなっています。

SmartBand Talk SWR30

SONY SmartBand Talk SWR30
購入しました。
201722822449.jpg

非正規割合37.7%

総務省が公表した「労働力調査(詳細集計)」速報結果によると、2016年10~12月期平均の役員を除く雇用者は5,414万人。
このうち、正規の職員・従業員は、前年同期比64万人増の3,371万人、非正規の職員・従業員は、同27万人増の2,042万人。非正規割合は37.7%で、3期ぶりに低下しています。

多様な働き方の実現のために

シンポジウム「多様な働き方の実現のために」に参加しました。
 
制度説明:「多様な正社員と無期転換ルールについて」
 厚生労働省大臣官房審議官
事例発表:「多様な正社員と無期転換ルールの導入事例」
 イケア・ジャパン株式会社
 株式会社三越伊勢丹ホールディングス
 明治安田生命保険相互会社
パネルディスカッション:「多様な正社員、無期転換ルールの円滑な導入・運用に向けて」
 コーディネーター 今野浩一郎教授
 パネリスト 上記「事例発表」の登壇企業3社
 
20172180300.jpg
 

「くるみん」マーク認定取り消し

朝日新聞からです。
 
子育て支援に熱心な企業に国が与える「くるみん」マークについて、厚生労働省は13日、違法な長時間労働を社員にさせていた企業の認定を取り消しやすくする方針を決めた。広告大手の電通が社員に違法な長時間労働をさせたとして繰り返し是正勧告を受けていたのに、認定がそのままになっていた問題を受け、見直すことにした。
厚労省がこの日の労働政策審議会雇用均等分科会で新たな要件を提示した。現行の規則でも、時間外労働に関する重大な法令違反があれば認定を取り消せるが、書類送検された場合のみが対象で、是正勧告は対象外となっている。今後は、違法残業や残業代の不払いなど、同じ違反で1年間に2回以上是正勧告を受けた企業と、違法な長時間労働を是正しない企業も対象に加える。来月にも規則を改正し、4月から施行する。
認定の要件も厳しくする。年間の残業時間が月平均60時間以上の労働者がいないことや、男性の育児休業の取得率を新たに認定の要件に加える方針だ。

サラリーマン川柳

第一生命保険が、毎年恒例のサラリーマン川柳コンクールの入選作100句を発表しています。
今回は「働き方」に関するものが多かったようで、その中からいくつか紹介しておきます。
「残業は するなこれだけ やっておけ」
「ノー残業 居なくなるのは 上司だけ」
「効率化 提案するため 日々残業」
「主婦業も 36協定 結びたい」
「会議する 準備のために また会議」
「ポケモンで 希望者増えた 外回り」
「職場でも 家でもおれは ペコ太郎」