ホーム>特定社会保険労務士ブログ

特定社会保険労務士ブログ

ヤマト、巨額の未払い残業代

これもアーカイヴとして転載しておきます。朝日新聞から。
 
宅配便最大手ヤマトホールディングス(HD)が、約7万6千人の社員を対象に未払いの残業代の有無を調べ、支給すべき未払い分をすべて支払う方針を固めた。必要な原資は数百億円規模にのぼる可能性がある。サービス残業が広がる宅配現場の改善に向け、まずは未払い分の精算をしたうえで、労使が協力してドライバーの労働環境の正常化を進める。
サービス残業が社内で常態化していることを大手企業が事実上認め、全社的に未払い残業代を精算して支払うのは極めて異例。サービス残業や長時間労働が常態化している企業の労務管理に一石を投じる動きだ。
宅急便を手がける事業会社、ヤマト運輸で働くフルタイムのセールスドライバー(SD、約5万4千人)と営業所の事務職員(約4千人)、ヤマトHD傘下のグループ会社で働く社員(約1万8千人)が対象。フルタイムのドライバーは全員が対象になる。
ヤマト運輸は昨年8月、SDだった30代の男性2人に残業代の一部を払わず、休憩時間を適切にとらせていなかったとして、2人が勤めていた横浜市の支店が、横浜北労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告を受けた。インターネット通販の普及と人手不足を背景に、この頃からドライバーの労働環境の悪化が深刻になってきたという。是正勧告を機に、全社的に未払い残業代の調査に乗り出すことを決めた。遅くとも今夏までに、全社で支給を終える方針だ。
関係者によると、川崎市全域と横浜市の一部の営業エリアではすでに調査に着手しており、3月下旬の給料日にあわせて支給する予定。最大で過去2年分について調べ、1人あたりの支給額が100万円を超えるケースもあるという。
SDの勤務時間は出退勤の時間を記録するタイムカードと、配送の時に使う携帯端末のオン・オフの二つで管理している。原則として、給与は携帯端末で記録された勤務時間から、自己申告の休憩時間を除いた時間をもとに計算しているが、携帯端末がオフになっているときに作業する▽忙しくて休憩時間が取れないのに取ったと申告する――といったサービス残業が増えているという。
ヤマトHDの2017年3月期の営業利益は約580億円の見通しで、未払い残業代の支給が経営に及ぼす影響は小さくない。「当然ダメージはあるが、まだ体力はある」(首脳)として、労働環境の改善に優先的に取り組む構えだ。

パナソニック社員の労災認定

時事通信からです。
 
富山県砺波市にあるパナソニックの工場に勤務し、昨年6月に死亡した40代の男性社員について、長時間労働が原因として砺波労働基準監督署が労災認定していたことが3日、分かった。遺族から同社に連絡があったという。
同社によると、認定は2月上旬。死因は遺族の意向で公表していない。男性は電子部品の生産拠点であるデバイスソリューション事業部の富山工場に勤務。社内調査によると、死亡直前の時間外労働は月100時間以上だった。
パナソニックは「厳粛に受け止め、社を挙げて再発防止に努める」としている。

勤務間インターバル制度導入セミナー

1日に厚生労働省主催のセミナーに参加しました。
 
第1部
・講演「勤務間インターバル」活用のメリット
・事例紹介「勤務間インターバル」の導入事例
・質疑応答
第2部
・「職場意識改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」について
 
旬のテーマなので、会場はほぼ満席でした。

国際自動車事件

有名な事件の最高裁判決です。朝日新聞から。
 
「時間外労働をしても、給与計算の際に残業代分と同額を差し引く」と定めたタクシー会社の賃金規則は無効かどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第三小法廷は28日、「一律に無効とはならない」との判断を示した。
労働基準法は、時間外労働をした場合に、割り増しの残業代を支払うよう定めている。タクシー会社「国際自動車」(東京都)では、残業代が生じた場合、売り上げに応じて支払われる歩合給から、残業代と同額を差し引いて計算していた。このため運転手ら14人が、同法に反しており無効だと主張。2010~12年の未払い分計約3千万円の支払いを求め、提訴した。訴訟で同社は、こうした計算方法をとるのは「会社の管理が及びにくい運転手の非効率な時間外労働を防ぐものだ」などと反論していた。
二審・東京高裁判決は「この計算方法は公序良俗に反しており違法で、規則は無効だ」と判断し、未払い賃金の支払いを命じていた。しかし、第三小法廷は、賃金規則で定めた独自の計算方法を使っても、同法が定めている水準の残業代が実質的に支払われていれば、適法だと判断。今回の計算方法を使った場合に、残業代が実質的に支払われていたかどうかについて検討するため、審理を同高裁に差し戻した。
 

消防長が退職を強要 うつ病で公務災害認定

こちらも公務災害です。朝日新聞から。
 
埼玉県行田市消防本部の30代の男性副士長が、同本部トップの消防長から継続的に退職を強要されたためにうつ病になったとして、地方公務員災害補償基金県支部が公務災害と認定していたことがわかった。
副士長は2013年10月にうつ病と診断され、14年1月から休職。杉山晴彦消防長による退職強要などが原因だとして同年7月、公務災害の認定を求めた。
同支部審査会の裁決書によると、杉山消防長は12年に副士長が仕事内容の不満を自治労連県本部に相談したことを執拗に叱責。「1年で人並みに仕事ができるようにならなければ退職する」という趣旨の誓約書を出すよう迫り、副士長は誓約書を作成した。
審査会は「誓約書の作成を要求することは正当化されるものではない」と指摘。誓約書作成以降も継続的に「退職強要と評価しうる言動」が繰り返されたことが原因でうつ病を発症したと認定した。副士長は現在は復職している。
市消防本部は朝日新聞の取材に対し、「誓約書は努力目標の期限を書いて出してもらったもの。退職強要の認識はない」としている。
 

教員自殺、公務が原因

朝日新聞からです。
 
東京都西東京市の市立小学校で2006年、新任の女性教諭(当時25)が自殺したことをめぐり、両親が地方公務員災害補償基金に対し、公務災害と認めなかった処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は23日、一審に続いて「自殺は公務が原因」と認め、処分を取り消した。
判決によると、女性は同年4月に着任。2年生の学級担任になったが、保護者からのクレームなどへの対応が相次ぎ、7月にうつ病と診断された。10月に自殺を図り、約2ヵ月後に死亡した。同基金が自殺と公務との因果関係を認めなかったため、両親が提訴した。
判決は「上司からの手厚い指導が必要だったのに、その形跡はない」と述べ、女性への支援が不足していたことを指摘。校外の初任者研修で指導担当者が「病休・欠勤は給料泥棒」と発言したことなども認め、「業務による強いストレスがあった」とした。
判決後に会見した父親(68)は「次世代を育てるという教育の場が正常化されることを願っています」と話した。
文部科学省によると、教員が精神疾患を理由に休職するケースは毎年5千人前後に上っている。15年度は5009人で、病気休職者の約6割を占めた。00年度は2千人ほどだったがその後急増し、08年度には5千人を超えて「高止まり」が続いているという。

セブン店長、欠勤バイトに罰金で書類送検

欠勤バイト罰金事件の続報です。朝日新聞から。
 
急に欠勤したら「罰金」を払うという契約をアルバイト店員5人に結ばせたとして、愛知県警は23日、名古屋市にある大手コンビニエンスストア加盟店の、いずれも30代で中国籍のオーナーと店長の男女を労働基準法(賠償予定の禁止)違反の疑いで書類送検した。捜査関係者への取材でわかった。
関係者によると、このコンビニは名古屋市北区にある「セブン―イレブン」の1店。
捜査関係者によると、2人は昨年9~12月の間に、女子高校生を含む10~30代のアルバイト店員の男女5人に、正規の雇用契約とは別に「急に欠勤した場合は1万円の罰金を徴収する」という内容の書類に署名させ、契約を結ばせた疑いがある。このうち1人には、遅刻した時に罰金を払わせたという。
労働基準法は雇う側に対して、欠勤などで労働契約の内容が実行されなかった場合に違約金や損害賠償を払わせる取り決めをあらかじめ結んでおくことを禁じている。
コンビニでのアルバイトをめぐっては、1月に東京都武蔵野市のセブン―イレブンの加盟店が、風邪で欠勤したペナルティーとして、アルバイトの女子高校生のバイト代から9,350円を差し引いていたことが発覚。フランチャイズ本部の「セブン―イレブン・ジャパン」は「ペナルティーの理由が不適切」などとして、店に高校生への謝罪と全額の返還を指示したという。
 

相模原殺傷事件、職員労災認定

痛ましい事件が蘇ります。朝日新聞から。
 
相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で昨年7月、職員を含む46人が殺傷された事件で、当時現場にいるなどした女性職員5人が事件のショックによる心的外傷後ストレス障害(PTSD)などで労災を申請していることがわかった。関係者によると、このうち3人はこれまでに労働基準監督署から労災を認められたという。
事件当時、園には約160人の職員が勤務しており、事件現場に居合わせた職員以外にも、事件直後に施設に駆けつけて現場を見たり、事件後に異常な状況で入所者のケアを続けたりしていたことなどから、仕事ができない状態になったケースもあった。園からは「職員(のストレス)は限界に近い」との訴えが出ていた。
神奈川県や相模原市が医師らを派遣して精神衛生に関するアンケートを実施し、希望者に電話相談の窓口を紹介したり、面談したりしてケアを進めていた。