ホーム>特定社会保険労務士ブログ

特定社会保険労務士ブログ

改正労働安全法のパンフレット等

先月25日に公布された改正労働安全衛生法についての資料が厚生労働省HPに掲載されています。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/an-eihou/index.html

2014717172835.jpg

医療経営コスト削減セミナー

医療経営力向上委員会Medioal(メディオール)主催の医療経営コスト削減セミナーに参加しました。
第1部 医療の質を落とさない人件費の削減策
「人件費管理の徹底」
1. 最新の給与データから 自院の特徴を知る
  医療経済実態調査、人事院統計、病院管理指標
2. 人件費の総額を削減する
  委員会設置、原価計算、採用と福利厚生の見直し等
3. 人件費を削減しながら 過少診療をチェックする
  患者アンケート、クレーム体制、広報のポイント等
「賃金制度の見直し」
4. 年功型賃金からの脱却
  なぜ人件費なのか、役割重視型賃金制度 等
5. 経営貢献度を反映させる賞与・退職金のあり方
  業績連動型賞与、ポイント制退職金制度 等
6. 病医院が得する助成金の活用
  キャリアアップ助成金、中小企業労働環境向上助成金
第2部 薬価交渉の最新動向と購買管理のポイント
1. 平成26年度薬価交渉の最新動向
  診療報酬改定による交渉への影響、卸の動向
2. 購買管理で費用を節約するポイント
  適性数量の購入、在庫管理の徹底、払出業務の一括化
3. 当社関与によるコスト削減事例
  中小病院・クリニックの事例

本当は、同業者は参加禁止だったようです。長友さん、吉田さん、天川さん、ありがとうございました。 

日本の雇用と労働法

ちょっと時間がかかりましたが、濱口桂一郎さんの「日本の雇用と労働法」を読了しました。
前著「新しい労働社会」でも指摘されていましたが、日本型雇用システムの本質はメンバーシップ契約であること。
それに対し、労働法制はジョブ型を前提としたものが構築され、現実社会と法制度との間に乖離が生じていたところ、その隙間を埋めるように戦後の判例法理が作用してきたこと。
以上の展開を、雇用関係の様々な局面から明らかにしていきますが、膨大な資料を参照したのでしょう、なかなか鮮やかな腕前です。
実は、濱口さんは労働の現場、特に中小零細企業の現場をあまりご存知ないのではと思っていたのですが、以下の記述を読んでそんな心配も無用だったと感心してしまいました。
「(メンバーシップ性が希薄な中小企業では、)総じて、大企業型の安定したメンバーシップとは異なりますが、ある種の濃厚な人間関係によって組織が動くことが多いのです。そして、そのことがジョブ型原理に立脚した合同労組のような外部の労働組合に対して中小企業経営者が猛烈な抵抗を示しがちな理由でもあるといえます」
20147623374.jpg

 

平成25年賃金不払(申告事件)の処理状況の概要

東京労働局(労働基準部監督課)が「平成25年賃金不払(申告事件)の処理状況の概要 」を発表しています。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0137/6707/2014627105047.pdf
不払事件件数は、2,802件(対前年比520件減)
対象労働者数は、6,402人(対前年比1,006人減)
対象不払金額は、34億7,406万円(対前年比7億3,472万円減)
といずれも減少傾向にあります。

 

裁量労働制等の労働時間制度に関する調査結果

独立行政法人労働政策労働政策研究・研修機構(JILPT)から、裁量労働制等の労働時間制度に関する調査結果が発表されています。事業場と労働者の両方から実態や要望を把握するための調査を実施しているのが本調査のポイントです。
(事業場調査結果)
http://www.jil.go.jp/press/documents/20140630_124.pdf
(労働者調査結果)
http://www.jil.go.jp/press/documents/20140630_125.pdf

 

平成25年度「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」

厚生労働省が、平成25年度の「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」を取りまとめ、公表しています。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000049293.html
くも膜下出血や心筋梗塞など、「脳・心臓疾患」では、請求件数784件(前年度比58件減)に対し、支給決定件数が306件(同32件減)。
心の病である「精神障害 」では、過去最多 の1409件(前年度比152件増)の請求に対し、支給決定が436件(同39件減)となっています。  

平成26年度「新入社員働くことの意識」調査

公益財団法人日本生産性本部から「平成26年度『新入社員働くことの意識』調査」の結果が発表されています。
http://activity.jpc-net.jp/detail/lrw/activity001412.html#
「人並みか人並み以上か」という質問に対し、「人並みで十分」という回答が今年度さらに増加(昨年49.1→52.5%)。
「人並み以上に働きたい」という回答(昨年42.7→40.1%)を大きく上回り、過去最高だったバブル末期と同様の売り手市場時の意識になってきているそうです。
 

 

ストレスチェック制度創設

労働安全衛生法の一部を改正する法律が本日公布されました。
従業員50人以上の事業場については、医師、保健師などによるストレスチェックの実施が義務付けられます(従業員50人未満の事業場については努力義務)。