ホーム>特定社会保険労務士ブログ>その他

その他

就活川柳

朝日新聞からです。
 
楽天は22日、運営する就職活動情報サイト「楽天 みん就」で募集していた「就活川柳」の大賞や特別賞を発表した。昨年に就活を経験した学生から1826句が寄せられた。
就活では、志望企業に志望動機などを書いたエントリーシート(ES)を出す。最近はESの選考で人工知能(AI)を使う企業が増えており、「AIに仕事を奪われる時代というが、仕事すらさせてもらえない時代なのか」といった悲哀を詠んだ川柳が多く寄せられた。
大賞は「わがES 人工知能に 祈られる」。不採用を知らせる企業からのメールの末尾には「今後のご健闘をお祈りします」といった文言が多く、「作成に5~6時間かかったESをAIに瞬時に判断され、さらに不合格の際に祈られるのはつらい」という気持ちを詠んだものだという。

確定申告2017

確定申告が終了しました。
e-Taxは、データの結合等が必要なくなり、大分使いやすくなっています。
 

お年賀2018

謹んで
新春のお慶びを申しあげます

201811232112.jpg

 

共感経済、共感経営

朝日新聞「経済気象台」(社外の経済人、学者らが執筆する欄)からです。
 
「ビジネス・フォー・パンクス」という本を読んだ。これがめっぽう面白かった。スコットランドのクラフトビール会社ブリュードッグの創業者ジェームズ・ワット氏の著書だ。
若者2人が2007年につくったこの会社は設立8年で売上高80億円に急成長した。彼らは1970年代に音楽の世界を大きく変えたパンクロックの精神を会社経営に採り入れたという。パンクの本質はモノゴトを自分の流儀でやるために必要なスキルを身につけることだと言い切り、権威と常識に逆らいながら商品開発にこだわり、過激なマーケティングを実践し続けている。
パンクを標榜する一方で、財務の重要性を意識して自ら財務知識を習得、徹底したキャッシュフロー経営を実践する。資金調達方法も独特だ。クラウドファンディングを通じてパンク株と呼ぶ独自の株式を発行し、20億円以上の資金を集めた。出資者はすでに4万人という。
1口95ポンドの株主になると特典がある。ブリュードッグのオンライン店舗で死ぬまで20%割引でビールが買える。ブリュードッグが展開する全てのバーで死ぬまで10%割引で飲める。ブリュードッグの伝説的年次総会に毎年ご招待など。写真を見ると年次総会はまるでパンクロックフェスのような熱気。株主は単なる出資者ではなく同社の伝道師集団であり、同社の経営の本質は顧客創造ではなくファンづくりなのだそうだ。
この会社を支える人々はおいしいビールを求めているだけではなく、彼らの哲学に賛同し応援している。まさに共感経済の時代の申し子といえる。成熟市場であるビール業界に風穴を開けた彼らの事業活動の在り方に学ぶことは多い。

Maxとき315号

上毛高原に行ってきました。

2017911234532.jpg

サラリーマン川柳上位作品発表

第一生命保険は、恒例のサラリーマン川柳コンクールで、入選作100句の中から一般投票で得票の多かった上位作品を発表しました。
以下に、上位10作品を掲載しておきます。
①ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?
②久しぶり! 聞くに聞けない 君の名は
③ありのまま スッピンみせたら 君の名は?
④同窓会 みんなニコニコ 名前出ず
⑤「パパお風呂」 入れじゃなくて 掃除しろ
⑥君の名は ゆとり世代の 名が読めず
⑦病院で サミットしてる 爺7
⑧ばあちゃんが オシャレにキメる 通院日
⑨オレのボス ヤフーでググれと 無理を言う
⑩職場でも 家でもおれは ペコ太郎

サラリーマン川柳

第一生命保険が、毎年恒例のサラリーマン川柳コンクールの入選作100句を発表しています。
今回は「働き方」に関するものが多かったようで、その中からいくつか紹介しておきます。
「残業は するなこれだけ やっておけ」
「ノー残業 居なくなるのは 上司だけ」
「効率化 提案するため 日々残業」
「主婦業も 36協定 結びたい」
「会議する 準備のために また会議」
「ポケモンで 希望者増えた 外回り」
「職場でも 家でもおれは ペコ太郎」

お年賀2017

謹んで新春の
お慶びを申し上げます

2017130917.jpg