ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>アート子会社で過労死
特定社労士奮戦中

アート子会社で過労死

3月26日付朝日新聞からです。

引っ越し大手アートコーポレーション(大阪市)の主要子会社でトラック運転手をしていた男性(当時53)が昨年5月の連休中に突然死し、東金労働基準監督署(千葉県東金市)が今年2月、「過重労働だった」として労災と認定していたことがわかった。同子会社は「真摯に受けとめ、再発防止に努めたい」(管理部)としている。
認定は2月4日付。亡くなったのは、アートの物流子会社アートバンライン(大阪府茨木市)に勤めていた千脇悟さん。複数の関係者によると、成田支店(千葉県酒々井町)で、おもに長距離の輸送を担うトラックの運転手として働いていた。名古屋や大阪、広島などへの出張をくり返し、トラック内で寝泊まりする日もあったという。
休日だった昨年5月3日夜から翌日未明にかけて、自宅で急にうなり声をあげた直後に倒れて亡くなった。警察医が判断した死因は「病死(心臓死の疑い)」だったが、遺族は労災を申請したという。アート側は当初、休日に起きたことで業務との関係は不明としていた。東金労基署が勤務の実態を調べ、亡くなる直前の6ヵ月間は少なくとも月平均で65~110時間の時間外労働があったなどと推定し、「過重労働だった」と遺族側に説明した。
厚生労働省によると、運輸業界の労働時間は全産業平均より2割ほど長い。勤務も不規則になりがちで過労死が多い。アートコーポレーションは働き方の見直しの一環で2,017年8月から、火曜日を原則定休日にしていたが、対象は引っ越し業務を担う支店だけで、物流子会社には導入していなかった。
 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1624