ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>豊田労基署、自殺のトヨタ社員労災認定
特定社労士奮戦中

豊田労基署、自殺のトヨタ社員労災認定

11月19日付時事通信からです。
 
トヨタ自動車の男性社員(当時28)が2017年に自殺したのは、上司の暴言などパワーハラスメントが原因だったとして、豊田労働基準監督署が労災認定していたことが19日、代理人弁護士への取材で分かった。今年9月11日付。
代理人の立野嘉英弁護士によると、男性は東京大大学院を修了し15年4月、同社に入社。車両設計の部署で働いていたが、16年4~6月、直属の上司から日常的に「バカ、アホ」「死んだ方がいい」などの執拗な暴言、叱責を浴びるようになった。
男性は同年7月、病院を受診し休職。同10月に復職したが、所属は変わったのに席は元の上司と同じフロアだった。「(元の上司が)廊下でぶつかるようなしぐさをしてくる」「席を替わりたい」「死んで楽になりたい」などと周囲に漏らすようになり、17年10月末、寮の自室で自殺した。
今年3月、遺族が労災申請し、豊田労基署は上司の嫌がらせやいじめによる適応障害を認定。男性は復職後に通院などをしていないが、労基署は治癒していなかったとして、「自殺に業務起因性が認められる」と判断した。
労災事件に詳しい立野弁護士は「実態を踏まえた適正な認定で意義が大きい」と話している。
トヨタ渉外広報部は「再発防止と社員の健康管理に一層努めたい」とのコメントを出した。   

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1591