ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>勤務間休息制度導入企業は3.7%
特定社労士奮戦中

勤務間休息制度導入企業は3.7%

10/30付朝日新聞記事からです。
 
仕事を終えてから次の勤務を始めるまでに一定の休息時間を設ける「勤務間インターバル」制度を導入した企業の割合が、1月時点で3.7%にとどまっていることが29日、厚生労働省の「就労条件総合調査」で明らかになった。政府目標は2020年までに10%以上にすることだが,広がりを欠いている。
勤務間インターバル制度の整備は過労死を防ぐ「切り札」といわれる。だが、厚労省が従業員30人以上の企業を対象に実施した調査(有効回答数約4千社)によると、今年1月時点で勤務間インターバルを導入済みの企業は、前年の約2倍に伸びたものの、5%にも届かなかった。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1586