ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>監督指導による賃金不払残業是正結果
特定社労士奮戦中

監督指導による賃金不払残業是正結果

厚生労働省は8日、時間外労働などに対する割増賃金が支払われていないとして平成30年度に労働基準法違反で是正指導した結果を公表しました(支払額が1企業で計100万円以上となった事案)。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06128.html
1,768企業に対し、合計125億6,381万円の支払いを指導。対象労働者数は11万8,837人。支払総額は前年度比320億7,814万円減、対象労働者数は同8万9,398人減と、いずれも大幅な減少。







 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1578