ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>「スクハラ」窓口設置へ署名
特定社労士奮戦中

「スクハラ」窓口設置へ署名

朝日新聞からです。
 
先生や学校からの嫌がらせ「スクール・ハラスメント」に苦しむ小中高校生が相談できる窓口の設置を求め、早稲田大学2年の佐藤悠司さん(19)が17日からネットで署名活動を始める。佐藤さんは16日、都内で会見し、「今は実効性を持った公的な相談窓口がない。『先生が間違ったことをするわけがない』という意識もある。実態も知ってほしい」と訴えた。
 佐藤さんによると、東京都世田谷区内の私立中高一貫校に通っていた2014年1月、男性担任教諭に「お前は離婚家庭の子どもだからダメなんだ!」などと罵倒された。ショックを受け、不登校に。今も睡眠障害に苦しむ。
 署名は約1カ月間受け付ける。文部科学省に教育委員会から独立した組織としての相談・紛争処理機関の設置を、都知事と世田谷区長には相談窓口の設置などを求める。署名はホームページ(http://www.change.org/SchoolHarassment)で。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1569