ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>吉本興業とアミューズに是正勧告
特定社労士奮戦中

吉本興業とアミューズに是正勧告

16日付朝日新聞からです。
 
労使協定で定めた上限を超える長時間労働をさせたなどとして、吉本興業と、ロックバンド「サザンオールスターズ」らが所属する「アミューズ」が、労働基準監督署から是正勧告を受けた。各事務所が取材に対し明らかにした。
吉本興業によると、同社と子会社は、労使協定で定めた月50時間以上の残業をさせたなどとして、2012年3月に新宿労基署から勧告を受けた。残業時間が月100時間を超えた従業員もいるという。18年8月と9月には。、休日勤務手当の不十分な支払いなどがあったとして再び勧告を受けた。同社の担当者は「人員を増やし、労働時間の管理をより厳しくするなど対応を取っている」と話す。
アミューズは、残業時間の上限を決める労使協定を結びながら渋谷労基署に届け出ていなかったとして同署が13年8月に勧告。18年10月には、月に1日も休まず働いた従業員がいたとして再び勧告を受けた。同社グループ経営企画部は「対策を早急に検討実施し、働き方改革全般の対策を進めている」としている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1521