ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>長時間労働に繋がる商慣行の実態を調査
特定社労士奮戦中

長時間労働に繋がる商慣行の実態を調査

中小企業庁は4日、「長時間労働に繋がる商慣行に関するWEB調査」結果を公表しました。
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2019/190304shoukanshu_chousa.htm
同調査は、長時間労働に繋がる商慣行として「繁忙期対応」と「短納期対応」が挙げられていることから、その背景にある実態の把握を目的としたもの。「繁忙期」は約7割の企業で発生し、建設業、食料品製造業、紙・紙加工品産業、印刷産業、トラック運送業・倉庫業では8割超になった。「短納期受注」は6割の企業で発生。繁忙期対応によって8割、短納期受注によって6割の企業が、従業員の平均残業時間が「増加する」としています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1474