ホーム>特定社会保険労務士ブログ>2019年2月

2019年2月

半数が「仕事の達成感」を感じることができず転職を意識

リクルートキャリアは2月28日、課長以上を対象とした「管理職の転職意向」調査結果を発表しました。
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2019/190228-01/
転職活動のきっかけは、「仕事の達成感が感じられない」(49.8%)、「自分の仕事が評価されていない」(44.9%)、「上司のマネジメントへの不満」(44.9%)、「会社の将来性への不安」(44.5%)など。
転職先を選ぶ際に重視する項目は、「自分の専門性を活かすことができる」(69.5%)、「仕事の成果や業績が正当に評価される」(60.7%)など。

介護の現場、ハラスメント防げ

27日付朝日新聞からです。
 
介護職員に対する利用者やその家族からのハラスメントが問題になっていることを受け、介護職員らの労働組合「日本介護クラフトユニオン(NCCU)」と42事業者が、ハラスメント防止についての協定を結んだ。NCCUと事業者でつくる「労使の会」が26日、発表した。
協定では、職員がハラスメントに遭ったら、事業者が放置せずに対応を取ることを念頭に、「事業所内での情報共有」を明記。また、セクハラ・パワハラをどうしたら防げるかを労使で検討することや、介護サービスの契約時に利用者側にハラスメント禁止を周知することも盛り込まれている。加えて、NCCU内にハラスメントの相談窓口を設置する。
NCCUが昨春、組合員を対象に実施したアンケートでは、回答者2411人のうち3割が利用者やその家族からセクハラを、7割がパワハラを経験していることが明らかになっている。
 

希望する障がい配慮、第1位は「通院への配慮有り」

スタートラインは2月27日、「障がい者の就職・転職に関する意識調査」結果を発表しました。
https://start-line.jp/topics/1688/
それによると、希望する障がい配慮は、「通院への配慮有り」(19.3%)、「就業時間や日数、休憩時間などの配慮有り」(18.9%)など。就職・転職を考えるにあたり重視するポイントは、「仕事内容」(13.4%)、「障がい配慮が有る」(13.3%)など。

社内失業者がいる企業は、予備軍を含めて23%

エン・ジャパンは2月26日、「社内失業」実態調査結果を発表しました。
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/16439.html
社内失業とは、労働者が正社員として企業に在籍しながら、仕事を失っている状態のこと。7割が「社内失業の概念を知らない」と回答。社内失業者がいる企業は、予備軍を含めて23%。業種別では「メーカー」(28%)、「流通・小売関連」(25%)など。企業規模別では「1,000名以上」(41%)、「300~999名」(37%)など。

2人に1人が「副業の経験あり」

エン・ジャパンは25日、派遣労働者を対象とした「副業」実態調査結果を発表しました。
それによると、「副業経験がある」は48%、雇用形態別では、「フリーランス」(58%)、「派遣社員」(52%)、「アルバイト」(50%)など。副業を成功させるポイントは、「体力的に無理をしない」(50%)、「通勤に時間のかからない勤務地を選ぶ」(42%)、「メインの仕事に支障がない条件を選ぶ」(40%)など。

団交拒否を巡り、淑徳大の請求棄却

22日付朝日新聞からです。
 
淑徳大(千葉)が、解雇対象の元教授らがつくった労働組合との団体交渉拒否を不当労働行為だと認定した中央労働委員会の命令の取り消しを求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。裁判長は「(教授らの労組は)労働組合法に適合する」として請求を棄却した。元教授らは今後、解雇撤回を求める団体交渉を申し入れるという。
淑徳大は2017年3月に国際コミュニケーション学部を廃止。この際、希望退職募集に応じなかった教授3人が労組をつくって雇用の維持などを求めたが、大学側は拒否。東京都労働委員会が16年11月に団体交渉の拒否などの不当労働行為を認定して交渉に応じるよう命令し、中労委も17年10月に都労委の命令の履行を促す決定をしたが、大学側は「法に適合する組合ではない」として提訴していた。
淑徳大は「控訴も含めて検討していく」としている。

「不当解雇」世田谷区を提訴

21日付朝日新聞からです。
 
東京都世田谷区の区立幼稚園で事務補助職員として働いていた40代の女性が20日、勤務形態を偽装された上に不当に解雇されたとして解雇無効や慰謝料など計約370万円の支払いを同区に求める訴訟を東京地裁に起こした。
訴状などによると、女性は同区立桜丘幼稚園で2011年12月から週2~3回、同僚の事務補助職員と交代する形で働いてきた。だが、同園が区に提出する書類上の勤務期間は1ヵ月で処理されていたという。賃金も隔月に振り込まれるため、女性は同僚と毎月お金をやり取りして調整していたという。
女性は17年4月末付で解雇されている。世田谷区教育委員会は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている

医師残業、最長年1860時間

20日付時事通信からです。
 
2024年度から医師に適用する残業時間規制に関し、厚生労働省は20日、研修医や地域医療体制確保のために必要な勤務医らに特例で認める上限を、休日労働を含め年1860時間とする方針案を明らかにした。同日開いた医師の働き方改革を検討する有識者検討会の会合で示した。
これまでの厚労省案では、一般の勤務医の上限を一般労働者と同水準の年960時間としている。一方、地域の医療提供体制確保の必要性からこれを超えてしまう医療機関については、35年度末までの特例措置として年1900~2000時間程度で検討するとしていた。今回の案では、医師の勤務実態調査に基づき年1860時間とした。
また、初期・後期研修医や高度な技能を持つ医師を育成するため、一定期間に集中的に診療が必要な場合の上限案を初めて示し、同様に年1860時間とした。
いずれの特例も、適用する医療機関を都道府県が特定。勤務後から次の勤務まで休息を9時間(当直明けは18時間)確保する「勤務間インターバル」や、連続勤務の28時間までの制限などの健康確保措置を義務付ける。医師国家試験合格後の2年間の臨床研修を受ける初期研修医については、連続勤務時間を15時間までとすることも検討する。
会合では、研修医の残業に関し、メンバーから「望まない医師に長時間労働をさせるのは認められない」「若い医師の声を聞く仕組みをつくるべきだ」といった意見も出た。