ホーム>特定社会保険労務士ブログ>社労士な日々>女性就業率7割、非正社員が増加
社労士な日々

女性就業率7割、非正社員が増加

朝日新聞からです。
 
総務省が28日発表した8月の労働力調査で、女性の就業率が7割に達した。比較できる1968年以降で初めてで、人手不足で企業が求人を活発にしている中、働く時間を選びやすい非正社員で働く女性が増えていることが背景にある。
働き手世代の15~64歳の女性のうち、働いている人の割合を示す就業率(原数値)は前年同月より2.1ポイント高い70.0%になった。雇用者(役員を除く)を形態別にみると、正社員は前年同月比22万人増の9万人、非正社員は同63万人増の1454万人で、非正社員が大きく増えた。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1323