ホーム>特定社会保険労務士ブログ>社労士な日々>職場で受動喫煙経験4割
社労士な日々

職場で受動喫煙経験4割

朝日新聞からです。
 
他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙。職場で経験するという人が約4割いることが厚生労働省の調査でわかった。今年7月に改正健康増進法が成立し、2020年度から大半の職場は原則屋内禁煙となるが、十分な対策が進んでいない現状が浮かんだ。
昨年11月、製造業や飲食業など民間の約1万4千事業所に約1万8千人分の調査票を送り、約1万人の回答を得た。有効回答率は55%。
改正前の健康増進法では、対策をとるかどうかは事業者任せだった。改正法では、喫煙専用室からたばこの煙が漏れないようにするといった受動喫煙に遭わないような対策を事業者に義務づけ、大半は原則屋内禁煙(喫煙専用室は設置可)となる。
調査によると、職場での受動喫煙について「ほとんど毎日ある」13.5%、「時々」23.8%で、計37.3%があるとした。このうち受動喫煙を不快に感じたり体調が悪くなったりすることがあると答えたのは38.8%に上った。
防止対策の課題についても聞いた。回答した8674事業所のうち、42.6%が課題ありとした。二つまで選択可で内容を聞くと、「顧客に喫煙をやめさせるのが難しい」34.3%、「喫煙室からたばこの煙の漏洩を完全に防ぐことが困難」28.5%、「喫煙室などを設けるスペースがない」25.7%と続いた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1321