ホーム>特定社会保険労務士ブログ>社労士な日々>レンゴーが定年65歳に延長
社労士な日々

レンゴーが定年65歳に延長

時事通信からです。
 
段ボール大手のレンゴーは27日、現在60歳としている社員の定年を、2019年度から65歳に延長する方針を発表した。インターネット通販の普及による段ボールの需要増加に対応するとともに、経験豊富な人材を確保する狙いがある。
同社は準社員として65歳まで働ける再雇用制度を05年から導入しているが、基本給は定年前の約6割になっていた。定年延長では、給与や賞与などの処遇は59歳以前の水準を維持する。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1296