ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>「昭和的働き方」についての意識調査
特定社労士奮戦中

「昭和的働き方」についての意識調査

ワークスモバイルジャパンは24日、「昭和的働き方」についての意識調査結果を発表しました。
それによると、会社員の54.6%が自分が勤める会社を「昭和的」と評価。
昭和的な働き方イメージTOP3は、「休暇が取りづらい」(56.3%)、「働く時間が長い」(47.9%)、「残業が評価される」(43.3%)。
一方、イマドキな働き方のイメージTOP3は、「休暇が取りやすい」(54.3%)、「仕事が終わればすぐに帰っても良い雰囲気がある」(45.5%)「残業時間と評価は関係ない」(43.3%)。
昭和的な会社・働き方についでどう思うかを聞いたところ、18.1%が「良いと思う」、51.8%が「どちらでもない」、30.1%が「悪いと思う」と回答したとのことです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1270