ホーム>特定社会保険労務士ブログ>社労士な日々>「教員労働時間改善を」OECD
社労士な日々

「教員労働時間改善を」OECD

朝日新聞からです。
 
経済協力開発機構(OECD)は27日、日本の教育政策に関する検証結果を発表した。日本の教育の特徴として授業に加え、給食や清掃、課外活動など幅広い取り組みが子どもの成長を支えていると評価。こうした特徴を維持しつつ、教員の長時間労働を改善し、技量を上げることが必要だと述べている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1273