ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>休息11時間未満が労働者の10.4%
特定社労士奮戦中

休息11時間未満が労働者の10.4%

朝日新聞からです。
 
総務省は10日、終業から始業までの休息時間「勤務間インターバル」について、健康確保の目安となる「11時間」を下回る労働者が10.4%になると発表した。勤務間インターバル制度の導入を企業の努力義務とする働き方改革関連法の成立を受け、2016年の社会生活基本調査から推計した。
インターバルが「11時間未満」は、前回の11年調査より0.4ポイント増えた。最も多いのは「14時間以上15時間未満」の21.7%(2.2ポイント減)で、「15時間以上16時間未満」18.3%(0.9ポイント減)、「13時間以上14時間未満」17.7%(0.9ポイント増)と続いた。ただ、調査対象には短時間のパートや勤務時間が不規則な工場労働者らは含まれていない。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1253