ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>実習生自殺の原因はパワハラ
特定社労士奮戦中

実習生自殺の原因はパワハラ

朝日新聞からです。
 
理学療法士を養成する専門学校「近畿リハビリテーション学院」(大阪府摂津市)に通っていた大野輝民さん(当時39)が自殺したのは、実習先のクリニックでのパワーハラスメントが原因だとして、遺族がクリニック側と学校側に損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁であった。北川清裁判長はパワハラが自殺の原因だったと認め、請求通り約6100万円の支払いを命じた。
被告は、クリニックを運営する医療法人「一裕会」(大阪市住吉区)と専門学校を運営する医療法人「高寿会」(大阪府吹田市)。判決によると、大野さんは2013年11月上旬、大阪市内のクリニックで臨床実習を開始。同月末、実習中に抜け出し、自殺した。
判決は、クリニックの指導担当者が一方的に実習中止を告げたり、日誌の記載漏れを理由に「帰れ」と叱責したりした言動が威圧感や不安感を与えたと認定。実習での学習時間が過重だったのに放置したとも指摘した。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1244