ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>平成29年度個別労働紛争解決制度の施行状況
特定社労士奮戦中

平成29年度個別労働紛争解決制度の施行状況

厚生労働省は「平成29年度個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表しています。
それによると、総合労働相談の件数は約110万件(前年度比2.3%減)で、10年連続100万件超え。
そのうち労基法違反などを除いた、民事上の個別労働紛争の相談件数が約25万件(同1.0%減)。
相談の内訳では、「いじめ・嫌がらせ」が6年連続トップ。
また、あっせんの申請件数は約5千件(同2.0%減)となっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1242