ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>セクハラ防止へ、記者らから聴聞
特定社労士奮戦中

セクハラ防止へ、記者らから聴聞

朝日新聞からです。
 
野田聖子総務相兼男女共同参画相は28日、メディアで働く女性のセクハラ被害防止策を検討するため、女性記者や経営陣ら約10人にヒアリングした。政府が6月上旬に決定する「女性活躍加速のための重点方針2018」などに具体策を盛り込む考えだ。
ヒアリングは非公開で行われた。終了後に記者会見した野田氏によると、女性記者からは「セクハラは相手を人として尊重しないことの表れ」「上層部は社員を守ることに取り組んでほしい」との声が上がり、経営陣からは「セクハラには毅然とした態度で臨む」などの意見が出たという。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1216