ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>狛江市長、正式に辞意表明
特定社労士奮戦中

狛江市長、正式に辞意表明

朝日新聞からです。
 
セクハラ疑惑を追及されてきた東京都狛江市の高橋都彦市長(66)は23日、市役所で会見し、正式に辞意を表明した。被害を受けた女性職員4人から実名で抗議文を突きつけられ、セクハラを「率直に認めざるを得ない」とする一方、自分の行為について「セクハラと認識できるものはない」と主張した。
会見では、4人の主張を受け入れる形でセクハラを認めるとしたものの「認識のずれ」を強調。自身の行為が「セクハラのレベルであったという認識はない」と述べた。「市政をこれ以上混乱させられない」として、2週間以内に辞職し、次の市長選には出ないと語った。
3月に疑惑が表面化して以降、市長は「身に覚えがない」と一貫して否定してきた。女性職員4人が22日、「セクハラを受けたことは事実」「もう我慢できない」と抗議文を提出。市長は同日夕に辞意を表明した。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1212