ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>労働災害動向調査
特定社労士奮戦中

労働災害動向調査

厚生労働省は7日、2017年「労働災害動向調査」結果を公表しました。
それによると、規模100人以上事業所では、度数率(労働災害発生の頻度)1.66(前年1.63)、強度率(労働災害の重さの程度)0.09(同0.10)。また死傷者1人平均労働損失日数は55.0日(同60.0日)となっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1198