ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>前村長のハラスメント認定
特定社労士奮戦中

前村長のハラスメント認定

日常茶飯事となってしまったようです(朝日新聞から)。
 
宮城県大衡村の跡部昌洋・前村長(69)からパワハラやセクハラを受けたとして、村職員だった60代女性が慰謝料など1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、仙台地裁であった。村主隆行裁判長はハラスメント(嫌がらせ)の一部を認め、前村長に165万円を支払うよう命じた。
判決によると、跡部前村長は女性に対して人事での不利益をほのめかすメールを送ったり、嫌がっている女性に抱きついたりするハラスメントを行った。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1191