ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>正社員との手当格差「違法」
特定社労士奮戦中

正社員との手当格差「違法」

朝日新聞からです。
 
正社員と同じ仕事なのに手当や賞与が支払われない格差があるのは労働契約法違反だとして、農業機械大手「井関農機」の子会社2社(松山市)の契約社員5人が、この2社に未払い分計約1450万円の支払いなどを求めた訴訟の判決が24日、松山地裁であった。裁判長は「手当を支給しないのは不合理」と述べ、違法だと判断。2社に計約230万円の支払いを命じた。
訴えていたのは、「井関松山製造所」の3人と「井関松山ファクトリー」の2人。判決によると、5人は製造ラインで農業用トラクターの組み立てや部品加工の作業などにあたっていたが、家族や住宅など四つの手当や賞与は支給されていなかった。
判決は、5人の通常業務が正社員と同様だったと認定し、いずれの手当も正社員の職務内容に応じて設定されたものと認めることは困難と判断。そのうえで、家族手当と住宅手当、月内に無欠勤の場合に支払われる精勤手当、年齢に応じて増える生活費を補助するための物価手当のいずれについても、未払い分の支払いを命じた。
原告側代理人の三輪晃義弁護士によると、製造業の正社員と非正規社員の手当の差について、違法性が認められたのは初めて。三輪弁護士は「有期労働者と正社員が交じっている職場は多い。有期労働者にとって、同じ労働条件を獲得する一つの大きな動きだ」と判決を評価。被告2社の担当者は「主張が一部認められなかったのは残念」と話した。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1190