ホーム>特定社会保険労務士ブログ>社労士な日々>電通、休暇を月1日追加
社労士な日々

電通、休暇を月1日追加

時事通信からです。
 
電通は16日、全社員が一斉に休暇を取得する「インプットホリデー」を6月に試験導入すると発表した。有給休暇とは別に12月まで毎月、特定の1日に同社全体が休業する。事実上の休日を増やすことで、体調を整えたり自己啓発に充てたりする時間を確保し、仕事の能率を高める。
インプットホリデーは6月8日、7月11日、8月8日などに設定し、既に取引先に通知した。どうしても外せない仕事のため出勤した社員には、月内に代休を取らせる。
社員に簡単な質問に答えてもらい、一人一人の心身の状況を把握する仕組みも7月に導入する。出社時にパソコンを起動すると、体調などに関する質問が1問表示される。回答データを蓄積し、自分の状態を判断できるようにする。
電通は2015年に新入社員の高橋まつりさんが過労自殺した問題を受け、労働環境の改革を進めている。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1180