ホーム>特定社会保険労務士ブログ>社労士な日々>正社員への登用は増加傾向
社労士な日々

正社員への登用は増加傾向

厚生労働省は27日、「労働経済動向調査」(2018年2月)結果を公表しました。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/keizai/1802/dl/siryo.pdf
今回は、特別項目として「正社員への登用の状況」についても調査を行い、正社員への「登用制度あり」は「調査産業計」で72%。制度の有無にかかわらない過去1年間の登用実績は55%(うち「制度あり」46%、「制度なし」9%)。
制度はあるが、過去1年間実績がない理由(複数回答)は「正社員を募集(又は必要と)した」が72%だったにもかかわらず、「正社員以外の労働者から応募がなかった」が41%で最多。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1163