ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>電通本社を略式起訴へ
特定社労士奮戦中

電通本社を略式起訴へ

電通事件はこれで決着のようです。朝日新聞から。
 
新入社員の高橋まつりさん(当時24)が過労自殺した広告大手・電通(東京都港区)の違法残業事件で、東京地検が法人としての同社を労働基準法違反の罪で略式起訴する方針を固めたことが関係者の話でわかった。罰金刑を求める。同社幹部や高橋さんの上司ら書類送検された社員は、違法な長時間労働をさせたと認定した上で、不起訴処分(起訴猶予)とし、捜査は終結する見通し。
関係者によると、同社の山本敏博社長は地検の聴取に、違法な長時間労働があったことを認め、労務管理が不十分だったとの趣旨の供述をしたという。
一方、検察当局は残業を強制するなどの悪質な行為を確認できず、個人の刑事責任は問わないとみられる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/926