ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>ヤマト、未払い残業代230億円に拡大
特定社労士奮戦中

ヤマト、未払い残業代230億円に拡大

パート従業員への未払いが発覚したことはすでに発表済みでしたが、今回はその調査が完了したということでしょうか。ちょっと怪しい気がします。時事通信から。
 
ヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングス(HD)は21日、ドライバーらの未払い残業代が新たに40億円程度増加すると発表した。申告者が約1万2,000人増えた。未払い残業代は合計で230億円程度、申告者は約5万9,000人となった。
未払い残業代の調査はこれで終わり、社員ごとの金額を最終確定した上で、7月から順次支払う。
ヤマト運輸は昨年、残業代の未払いがあったとして、神奈川県内の支店が労働基準監督署から是正勧告を受けた。インターネット通販の急拡大に伴ってドライバーが長時間労働を余儀なくされ、サービス残業が常態化していた。このため、ヤマトHDは今年に入り、グループ全体の未払い残業の実態を調査していた。
ヤマトHDは4月までの調査結果を受け、2017年3月期に過去2年間の未払い金として190億円を計上。問題が生じた経営責任を取るため、山内雅喜社長ら3人の取締役が報酬の3分の1を6ヵ月間減額する処分を発表している。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/924