ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>ワタミで労組結成
特定社労士奮戦中

ワタミで労組結成

6/1の勉強会で水面下で大きな動きがあると聞いていたのですが、これのことだったのですね。以下、朝日新聞からの転載です。
 
ワタミに初の労働組合
社員・バイト1.3万人加入
居酒屋チェーン大手のワタミで初めて労働組合が結成された。グループの正社員、アルバイトの大半が入った。流通、繊維業界の労組を束ねるUAゼンセンが支援し、1月から結成の動きが進んでいた。ワタミによると、1984年の創業以来、企業別労組はなかったという。
■「ブラック企業」批判に対応
5月16日、労組「ワタミメンバーズアライアンス」が結成され、入社すると同労組に加入することになる「ユニオンショップ協定」を労使で結んだ。組合員数は約1万3千人で、グループの正社員約2千人とアルバイト約1万5千人の大半が入った形だ。
同社の経営陣はこれまで、「社員は家族だ」といった経営理念から労組に否定的だったが、長時間労働などで「ブラック企業」と批判され、業績も悪化。労務管理を見直してきた。
ワタミでは2008年に新入社員が過労自殺し、当時の代表取締役や同社が訴えられ(昨年12月和解)、企業体質への批判が集まった。客離れで業績も悪化し、「批判にきちんとした対応が必要になり、色々な取り組みをするなかで、(社内に労組をつくる雰囲気も)醸成されてきたと思う」(塚田武・執行役員)という。
これまでは社員アンケートで労務状況を把握してきたが、労組結成により、組合員の声が直接届くことに期待しているという。
労組結成を支援したUAゼンセンは、非正社員が多く、組合組織率が低い小売業や飲食業などで組合の結成を進めてきた。UAゼンセンは、15年9月時点で組合員数が157万人と、産業別労組では最大組織だ。うちパート労働者は84万人と半数を超える。
産業構造の変化で、製造業に代わり小売業や飲食業といったサービス分野で働く人は増えている。「重厚長大」型の大企業が目立つ製造業に比べて、サービス業などは新興、中小企業が多く、労務管理が行き届かないケースがある。ワタミでの過労自殺も、そうした背景があると指摘された。
サービス分野で働く人は増え、非正社員の比率も拡大するなかで、働き手の声をまとめる労組が果たす役割は大きい。UAゼンセンの幹部は「従業員があっての会社であり、労働条件の向上には労組の組織率を高めることが大切だ」と話している。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/689