ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>企業に人員削減提案 人材会社は禁止へ
特定社労士奮戦中

企業に人員削減提案 人材会社は禁止へ

再就職支援のための国の助成金に絡み、人材会社が企業の人員削減を支援していた問題についての続報です。以下、朝日新聞(4/27付)からの引用です。
企業に人員削減提案、人材会社は禁止へ
厚生労働省は、人材会社が企業に人員削減を提案したり、退職させるためのマニュアルを提供したりすることを禁じる指針をつくる。再就職支援のための国の助成金に絡み、人材会社が企業の人員削減を支援する動きが広がっていた問題を受けた措置。26日に開かれた厚労省の審議会で、5月下旬に指針をつくる考えを明らかにした。
再就職を支援する人材会社は、企業の人員削減によって職探しをする人が増えれば、収益拡大の機会が増える。このため、人員削減の手法を企業に指南した事例もあった。最近は、企業が低評価の社員を「ローパフォーマー(ローパー)」と呼び、人材会社の支援を受けて自らの転職先を探させる手法が国会などで問題視されている。
指針に反する行為をした疑いのある人材会社は厚労省が調査し、事実が確認されれば是正を指導する方針。ただ、指針に罰則はないため、審議会では「指導だけで不適切な行為をなくせるのか」などと実効性を疑問視する声もあった。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/664