ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>労使コミュニケーション調査
特定社労士奮戦中

労使コミュニケーション調査

厚生労働省は2014年の「労使コミュニケーション調査」結果を公表しています。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/18-26gaiyou.html
この調査は、労使間の意思の疎通を図るためにとられている方法、その運用状況等、事業所側の意識、労働者の意識等の実態を明らかにすることを目的として、5年ごとに実施されているものだそうです。
一番気になるのは、やはり事業所側の意識と労働者の意識等の実態ですが、調査結果によると、労使関係が「安定的」と認識している事業所は86.9%、労使コミュニケーションが「良好」と認識している労働者は53.5%ということで、30%超のズレが生じています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/535