ホーム>特定社会保険労務士ブログ>特定社労士奮戦中>教員の8割「時間外勤務が多い」
特定社労士奮戦中

教員の8割「時間外勤務が多い」

教育学者やジャーナリストら有識者でつくる「日本の教育を考える10人委員会」(委員長・佐和隆光滋賀大学長)が、公立の小中学校教員を対象にインターネット上で実施したアンケート調査の結果を発表しています。
それによると、「時間外勤務が多い」と感じている教員の割合は82.8%。
原因としては、小学校では「事務処理」、中学校では「部活等の課外活動」が最も多かったそうです。
同委員会ではこの調査結果を受け、「教員を取り巻く環境の改善」を提言しています。
http://www.10nin-iinkai.net/data/2014enq01.pdf

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/500