ホーム>特定社会保険労務士ブログ>社労士な日々>医師・看護師、働きやすく
社労士な日々

医師・看護師、働きやすく

今朝の朝日新聞からの引用です。 

勤務環境改善へ 計画作り求める
厚労省、医療機関に
医師や看護師らがやりがいを持ち、健康的に働き続けられるよう厚生労働省は新年度、全国の病院や診療所に勤務環境を改善する計画作りを求める。不規則で休みがとりにくいことを理由に退職する人が多いことから、シフトの見直しや他職種との連携を進めて負担を軽くし、定着をはかる。
今国会に提出した地域医療・介護推進法案に盛り込んだ。月内に計画の手引きを示し、病院の実情に合った目標作りを促す。都道府県に支援センターを設け、助言する仕組みもつくる。
計画の内容は、事務作業補助者(クラーク)の活用やメンタルヘルス対策、院内保育所の整備、キャリア支援対策などを想定。好事例は、データベース化して紹介する。支援センター には、医療制度や経営の専門家や労務管理に詳しい社会保険労務士らを配置。訪問するなどして助言する。
勤務医の労働時間は、2012年の調査で週あたり平均53時間。4割は60時間以上だった。日本看護協会によると、毎年約1割の看護職員が離職し、夜勤時間が長いほど離職率が高い。

動き始めていますね。

 動き始めて


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tokutei-sr.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/300