ホーム>特定社会保険労務士ブログ>2011年3月

2011年3月

二次災害

地震の二次災害の被害も深刻です。
3.11の翌日に予定されていた研修会「個別労働紛争あっせんの実践と実例」が中止になってしまったのは、まあ、仕方ないにしても…
公共の交通機関が半分麻痺、ガソリンも入手困難で、あっせんが2件キャンセルされるなど以降の仕事もキャンセル続発。
2週間経過してやや落ち着いては来ましたが、3月は収入ガタ減り…
もう踏んだり蹴ったりです。

大震災

3月11日の地震発生時には、都内に出るために電車に乗っていました。
高架上にいたので揺れはかなり激しく、列車ごと地面に叩き落とされるんじゃないかと恐怖を感じたほどです。
余震が続いたのでしばらく車内に閉じ込められましたが、なんとか無事に脱出。

交通機関はバス以外は止まっていたのでGPS頼りに徒歩で1時間半かけて移動し、用事を済ませて帰路につこうとしましたが、交通機関はやはりストップしたまま。

上野の地下道で冬の夜の寒さをしのぎ、電車の運行再開を待ちましたが…
結局帰って来られたのは、翌日の昼近くでした。

で、まあ、ある程度は予測していたことですが、家の中は…
棚の本やCDが散乱しグチャグチャ…
片づける気にもなりませんでした。

もちろん、この程度で済んだことを感謝しなければなりません。
犠牲者の皆様のご冥福をお祈りいたします。